2012年07月27日

blues jamで跳ねるリズム

佐野マサル師匠がホストを務める雷神blues jamに6月と7月と2回参加しました。
その2回とも参加した曲がCissy Strut


原曲を聴いたことなく、戸惑いだらけのJAMでしたが、とてもファンキーで好きになりました。ジャムでは定番らしく、最初はいつコードが変わるんだろうと・・・思っていましたが、C7一発なんです。

上の参照ブログの映像のJohn Mayerのもかっこいいですね。
(Mayerの別もの)


でも、YOUTUBEで探索して一番かっこいいなぁ!と思ったのはJohn Scofield'sのでした。


この人の演奏を聴くのは初めて(?)です。
お気に入りなんですが、ジャズ寄りフュージョンは自分では弾けそうにないので、聴くだけですけど。

昨日のレッスンで跳ねるリズムの練習でも、この曲をとりあげてもらい、リズムの練習でした。
次のJAMセッションでは、少しは弾けるようになっている・・・かも。

posted by blues boy at 22:27| シカゴ ☀| Comment(13) | CD・DVD・YOUTUBEレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたし、セッションにあまり行かないのでこういったセッション定番という曲を知りません。
いやぁ、かっこいいですね。
一発モノは苦手でして・・・
むつかしいですよね。
Posted by otasaru at 2012年07月28日 00:55
ジョンスコ、良いですねぇ。
好きなギタリストです。

と、定番なんですか・・・
この記事を機会に覚えておこうかな?
Posted by 太郎 at 2012年07月28日 07:51
追加で
山岸潤史がニューオリンズで
元ミーターズのメンツとこの曲やっているの
TVで観ました。
ジョンメイヤーのプレイ、カッコ良いですね。
Posted by 太郎 at 2012年07月28日 08:12
暑中お見舞い申し上げます。
私がセッションの時にやるのはスイートホームシカゴとカレドニヤです。
Posted by ロバート森川 at 2012年07月28日 12:19
otasaruさん
1コード一発ものって私結構好きです。
でもセッションとなると周りと合わせなきゃならないので難しいですよね。
日々精進
Posted by blues-boy at 2012年07月29日 11:59
太郎さん
この曲はThe Metersが本家本元ですから、山岸さんもニューオリンズ・ファンクにどっぷりつかって、楽しいプレイだったでしょうね。
師匠に教えてもらうとニューオリンズ特有の運指もあったりして、奥が深いです。
Posted by blues-boy at 2012年07月29日 12:04
ロバート森川さん
SWEET HOME CICHAGOは定番中の定番ですよね。でも、Stormy MondayにしてもSweet Homeにしても、定番なんだけど色んなバージョンがあって、どのバージョンでやる?と訊かれると、困っちゃいます。
自分がいつも弾いてるのが誰のバージョンやら????
Posted by blues-boy at 2012年07月29日 12:09
オコンバンワ !! 、長官殿。 (=^0^=)ノ

イイですね〜ミーターズ !!!。
さすがにニューオリンズファンクの雄ですニャン。
\(=^o^=)/
ジョン・メイヤー名人も、
極上のストラトのトーンですね。
彼の演奏の方がミーターズ本来の演奏の、
セカンドラインのファンクに凄く近いです。
v(=^0^=)v
ジョン・スコフィールド御大の演奏も、
極上のジャズファンクで凄くイカしていますニャン。
(≧∇≦)b

ニャロメも手癖といいますか指癖で、
ロックを演奏していても、
どうしても16ビートでハネた演奏になっちゃいますニャン。
(=^。^=;)
Posted by ニャロメ at 2012年07月31日 03:43
ニャロメさん
シャッフルでも跳ね方がうまいと全然ノリが違いますよね。奥が深いです。

セカンドラインという名前の由来も師匠から教えてもらいましたが、ニューオリンズファンクってかっこいいですね。
Posted by blues-boy at 2012年07月31日 09:18
オコンバンワ !! 、長官殿。 (=^ェ^=)ノ

そうですね〜セカンドライン・ファンクって、
ハマるとドップリと浸かっちゃいますニャン。
\(=^o^=)/
ニューオリンズの葬儀で、
埋葬に行く時の軽快で賑やかな音楽が、
ファーストラインで、
埋葬が無事に終了して、
参列者の人々が帰り際に演奏される音楽が、
引きずる様なテンポの音楽を、
セカンドラインと言うそうですね。
JB、sとミーターズの、
最強ファンクユニットの演奏も、
スンゴク強烈ですニャン。v(=^0^=)v
       
Posted by ニャロメ at 2012年07月31日 19:43
ニャロメさん

葬儀のセカンドラインの他に
マルディグラやネイティブアメリカンのなんかリズムも関係あるような話でしたが・・・記憶が悪く・・・思い出せません。

師匠によると
Dr.ジョンのバックでミーターズが演奏しているのもいいよ、とのことで、そのうちYOUTUBE探訪します。
Posted by blues-boy at 2012年07月31日 22:16
1コードといえばキャットフィッシュブルースしか思いつきません(爆)。こういうはねた感じもいいですね。
2ndラインってそういう意味だったのですね。友人がセカンドラインで弾けといってる意味が理解できてませんでした(汗)。
Posted by よすけ at 2012年08月06日 19:41
★よすけさん
暑いですねぇ・・
跳ねるリズムを会得するとコテコテのbluesシャッフルでもノリが全然違います。踊りたくなる感じです。

Posted by blues-boy at 2012年08月06日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。